TOP

治療事例

治療院HOME > 治療事例

総数3件 1

膝の屈伸が出来ない方の施術

仕事中に膝の屈伸ができず困っている方の施術をしました。

【患者データ】
50代女性、販売員、立ち仕事が多く、重い物を移動することも多い。

肩・背中の痛みも感じている。

【検査】
左腹直筋筋力低下
右股関節伸展制限
左足関節屈曲制限
左胸鎖関節前方変位
第2.3.5頚椎変位


左の腹直筋に力が入っていなかったので、

骨盤等の矯正を行いました。


矯正後力が入るようになり、

背中の痛みも無くなったが、

左肩の痛みが残っていたので

頚椎(首の背骨)と左鎖骨の矯正を行いました。


屈伸時に膝関節の固さがあったので、

左足首と右股関節の矯正をして、

屈伸が問題なく出来るようになったので今回の施術を終了しました。


この方の場合、足首と股関節の固さから、

膝の屈伸がうまくできなくなっていました。


この方の様に自分では気がつかない、

関節の固さによって他の症状が出ていることは少なくありません。

膝の曲げ伸ばしがつらいなど関節の症状にお困りなら、
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

膝の痛みとこわばりの治療

50代女性、仕事は専業主婦

ご友人の紹介で来院。

右膝の痛みと朝のこわばり、疲れると背中から腰の痛み。

検査
右膝屈曲時痛(曲げると痛い)
左肩関節外転制限(腕が外側から挙げづらい)
右短下肢(右あしが短い)

治療
二度目の施術後より、肩の動きが改善され膝のこわばりを感じなくなった。背中腰の痛みも出ていない。
膝の痛みは若干残っている。

話を聞くと一年半ぐらい前に左の上腕骨の骨折をしたとの事、その影響で肩の動きが悪くなり膝や腰に症状がでいたと思われる。
骨折による固定など同じ姿勢が長期にわたって続く場合、身体に癖を残す事があります。


膝の痛みなど症状がなかなか治らないとお困りの方。
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

膝と腰の痛みの治療

60代女性、仕事は保育士をやっている。

朝起きた時に膝と腰痛くて歩きづらい。
仕事中、園児を抱き上げようと膝を屈むと痛みがある。
整形外科で膝のレントゲン検査を受け、膝関節の軟骨が磨り減っていると言われた。

【検査】
左膝関節完全伸展不可(膝が途中までしか伸ばせない)
左足関節内反変形(足首が内側に捻れている)
左大腿外側筋緊張(ももの外側の筋肉が硬くなっている)
左臀部筋緊張(お尻の筋肉が硬くなっている)

【治療】
骨盤、足関節のゆがみを整えていくと仕事中の痛みが無くなり。
朝起きた時の痛くなる頻度も減ってきた。

「膝の軟骨のすり減り」と聞くとそれで膝が痛くなるのだろうなと考える方が多くいると思いますが、実は軟骨がすり減っても直接痛みが出る事はありません。なぜなら軟骨には痛みを感じる神経は無いからです。

但し軟骨がすり減ってもほっといて良いというわけで訳ありません。何もしないでいるとやがて骨の変形を引き起こしてしまうからです。
一度変形を起こしてしまった骨は二度と元に戻る事が出来ません。変形が原因で他の症状を引き起こします。

膝の痛みでお悩みの方。
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

総数3件 1

岡田鍼灸接骨院

岡田鍼灸接骨院

〒350-1151
埼玉県川越市今福1776-1

Tel:080-2275-2935

症状別施術を見る

  • お客様の声
  • 治療事例
  • 取材についてのお願い