TOP

治療事例

治療院HOME > 治療事例

総数9件 1

首の痛みの施術

こんばんは、岡田鍼灸接骨院の岡田悠佑です。

今回は肩の凝りと首の回旋時痛の施術をしました。

【患者様データ】
30代女性、仕事は事務仕事。

肩のこりと頭を右に回すと痛みがあり回せない。

【検査】
左母指小指対立筋筋力低下
第5、第6頚椎変位

頚椎の調整後、首が回りやすくなり肩こりは改善したが、首の右回旋で突っかかりが残っていたんで調べてみると。

座った状態で「右の股関節」、立った状態で「左の肩関節」の筋肉にバランスの不具合があったのので再度調整を行うと首が動くようになりました。

施術を受けた方は、「全然違う場所を治療してなんで首が動くようになるの。」と驚いていました。

今回のように痛い場所と違う個所に不具合があることも少なくありません。
なぜなら人の体は筋膜という膜でボディスーツのように覆われているのでどこかで筋膜に不具合が起きるとバランスが崩れて肩こりや腰痛などの症状が現れてきます。

首の痛み、肩こりでお困りの方。
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

寝違い

寝違い

寝苦しい季節なり冷房をかけたまま寝ることも多くなるこの頃よく見られるのが寝違いです。

いつも通り寝ているのに今日に限って何で寝違えるの?なんてことはありませんか。

寝違いは、無理な姿勢が長時間続き、神経の圧迫や筋肉の緊張を起こしたり、何らかの原因で急激な炎症を起こした状態です。

このよう事に多く当てはまる方は寝違えを起こしやすいようです。

・デスクワーク中に冷房の風を当たり続ける
・クーラーを付けたまま寝てしまう
・風邪をよくひく
・お酒をよく飲み、酔っ払ったまま寝てしまう
・慢性的な肩こりがある
・狭いところで寝ている
・手先を使う仕事をしている
・重い物を持ち上げる事が多い
・長時間の事務仕事をしている
・責任の重い仕事を抱えている
・普段、気にしていることやストレスを感じていることがある

この様なことが重なると睡眠中もリラックスすることができなくなり寝違えた状態になるようです。

特に季節の変わり目や暑さ寒さが厳しくなる季節は寝違えを起こす方が多くなるようです。

これは冷房や冬の寒さにより筋肉が硬くなることや、気温の変化により自律神経が乱れてしまい睡眠中も身体の緊張が解けなくなってしまうからです。

またこの時期はぎっくり腰など他の症状も出やすくなります。

自分でできる寝違えの改善法

首のマッサージは痛みを悪化させる?

寝違えたときは肩や首をマッサージしてしまいがちですが、実は患部を直接マッサージしてしまうと炎症が悪化してしまいかえって悪くなってしまいます。

寝違えの原因の一つが無理な姿勢による腋窩神経(えきかしんけい)の圧迫です。

腋窩神経は肩の動きに使用される神経です。寝違えは肩を動かすことによって痛みを緩和することができます。

寝違えを和らげる運動方法

@痛む首側の腕を後ろにゆっくり引き上げ止まったところで20秒キープ
腕を元に戻しこれを2〜3セット繰り返します。

A痛む首側の手でベルトを掴むように後ろに回し、肘を後ろに引いていき止まったところで20秒キープこれを2〜3セット繰り返します。

B痛む首側の腕を90°横に上げ、肘120°開き、万歳するような格好からそのまま腕を後ろに引いていき止まったところで20秒キープこれを2〜3セット繰り返します。

Cバランスを整えるために反対側でも@〜Bを行います。

この様なストレッチを行うことで腋窩神経圧迫が原因の痛みには抜群の効果を発揮します。

ツボ刺激による改善法

手の甲には落枕(らくちん)というツボがあります。
字のごとく枕(まくら)から落ちると言う意味の寝違えのツボです。

手の指付け根の間にあるツボで寝違えを起こすと大抵の方が緊張して硬くなっています。

ここの凝り取り除くように緩めることでも首の痛みを改善することができます。

肩こりなどの首肩の症状にも効果があるのでお試し下さい。

寝違い予防のために

1寝返りをしやすい姿勢で寝る。

人は寝ている間に何度も寝返りをします。寝返りせずにいると同じ箇所に重さが掛かってしまし身体に悪影響が出てしまうからです。

寝返りができない状況、例えば狭い場所、うつ伏せなどで寝てしまうと身体がうまく動かすことができず首を痛めてしまう原因となります。

寝返りがしやすい広めの場所で横向きか仰向けで寝ることがおすすめです。

2酔っ払ったまま寝ない。

酔っ払った状況も寝返りをあまりしなくなってしまうので首を痛める原因となります。

酔っ払って眠くなってくると、そのまま布団に入りたくなりますが、少し酔いを覚まして正しい格好で寝るようにすることをおすすめします。

3風邪の治りかけは注意

風邪をひいているとき首の筋肉の下にリンパ節があるため、首の筋肉の炎症が起きることがあります。

風邪が治り始めこの炎症が落ち着いてくると筋肉が冷やされ硬くなり寝違えが起こりやすくなります。

風邪の治りかけはタオルなどを首に巻き冷やさないようにすると寝違えを防ぐことができます。

4冷房は適切な温度で

筋肉は冷やされると収縮して硬くなってしまいます。できるだけ首を冷やさないようしましょう。

冷房の適切な温度は外気温−5℃と言われています。湿度を50%位に抑えると少し気温が高くても快適生活がおくれるようになります。

5整体・カイロプラクティックで寝違えを起こさない身体に

整体・カイロプラクティックの治療は寝違えの予防に効果的です。

整体・カイロの治療は身体の歪みを治すことで関節が正常に動くようになり、筋肉の緊張を取り除くことができます。

筋肉の緊張が解消されると睡眠時も無理な姿勢をする事がなくなり首を痛める事を防ぐことができます。

首の痛み・寝違えでお困りの方。
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

寝違えの施術

こんにちは。岡田鍼灸接骨院の院長岡田です。

今回は寝違えの施術をお行いました。

【症状】

朝起きた時から首が痛くて動かせない。

腰の疲労感も感じていた。


【患者様データ】
30代男性、立ち仕事が多い、重いものを持ち上げることもある。

【検査】
頚左右回旋時痛、前後屈時痛
第2・5頚椎変位
第2・3腰椎変位


この方の場合、寝違えもありましたが、腰椎の動き悪くなっていました。

普段腰の疲れはあるそうですが、そんなにつらいという事は無かったそうです。

1回目の施術で腰ゆがみを整えると、首は動かせるようになりましたが痛みが残っていたので3日後に施術をすることにしました。

体の動きは連動しているので、腰が首の痛みの原因になっていたり、その逆に首が腰の痛みの原因となっていることがあります。

この方の場合腰の動きが悪くなることで首に負担がかかっていたと思われます。

寝違え、首の痛みでお困りの方。

岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

首の痛みの施術

こんばんは。治療院プロテックの院長岡田です。

今回は首の痛みの施術をお行いました。


【症状】

仕事中や食事の際に首に痛みが出る。

肩の凝りは学生時代からある。


【患者様データ】
20代女性、座り仕事、PCでの作業が多い。

【検査】
左腹直筋筋力低下
第2・5腰椎変位
第5・3頸椎変位


2回目の施術後より日によって首の痛みを感じなくなるようになった。
(日によって症状の変動がある。)

3回目施術後から仕事中・食事中の痛みが感じなくなった。


この方の場合、その日によって症状が出たり、出なかったりする状態になっていました。


このような状態になっている方はストレスの影響を受けている方が多いようです。


このような状態の方におすすめなのが「クロスクロール」という運動です。

クロスクロールとは赤ちゃんのハイハイという意味で、「右手と左脚」、「左手と右脚」を交互に上げ下げする運動です。


ドラマなどでも取り上げられことがありますね。



普通に上げ下げするだけでも効果がありますが、

「その人に合った運動方法」がありますので気になる方は是非一度当院にお越し下さい。


また、スポーツをしている方で、コンディション変動が大きい場合もクロスクロール体操が有効です。

首の痛みでお困りの方。

岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

首の痛みと背中のシビレの治療

30代女性、近所の神宮前にお住まいの専業主婦
昨日から首の左側に痛みが走り背中が痺れる。
1歳のお子さんがいて1年ぐらい前から腰が痛かった。
【検査】
・右肩関節水平伸展制限(胸が開きづらい)
・体幹左回旋制限(体を左に捻りづらい)
・左腹直筋筋力低下
・左大臀筋筋力低下
・右短上肢
・左短下肢

【治療】
身体のゆがみを整えると筋肉にしっかり力が入るようになり、関節の制限も改善され首の痛みと背中のシビレも無くなったそうです。

この方の場合お子さんをだっこしている時に右足に体重を掛ける癖があるようでした。

その為、骨盤がゆがみ左のお尻やお腹の筋肉がうまく力が入らなくり、腰の筋肉がバランスを崩し痛みが出ていたようです。
骨盤のゆがみは右の背中や胸の筋肉にも影響を与えて首の痛みも引き起こしていたようです。

今回のように痛みが長く続いていると、その痛みを軽減しようと別の箇所にもゆがみを起こし違う症状が出てきてしまいます。
このような時は元の原因を治さないと、痛みを繰り返してなかなか良くならないことが少なくありません。

痛みが長く続いている、何度も痛みを繰り返している方。
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしています。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

寝違いで首を動かすのが辛い方の治療を行いました。

今回は寝違いで首を動かすのが辛い方の治療を行いました。

30代女性、よく首を寝違えるため仕事場の近くの表参道の周辺で整体院を探していて当院に来院。

【検査】
頚前屈、後屈、左回旋不可(首を前後に曲げる、左に捻る事が出来ない)
ストレートネック
頚部前面の筋緊張(首の前側の筋肉の緊張)

【治療】
施術一回目首の筋肉に炎症が起き熱感が有ったため、身体のゆがみを整えただけでは痛みが残存しており、
熱を取るシート(冷えピタや熱さまシートなど)をしてもらい3日後に再診しました。


施術二回目骨盤と頚椎(首の背骨)の矯正で首の痛みが改善したが背中に痛みが感じるようになり、
鎖骨の歪みを矯正すると、背中の痛みが改善しました。

この方の場合、仕事の関係で前屈みになることが多いそうで、そのことが原因で鎖骨のゆがみやストレートネックを悪化させているようでした。

最近はノートパソコンやスマートフォンを長時間使うことで首の筋肉が緊張してストレートネックになっている方が多いようです。
首をよく寝違える、肩こりがひどい、頭痛を起こしやすいといった方、思い当たりませんか。

また寝違いの中には首を痛めたのでは無く、長時間横向きになったことで脇の下の神経が圧迫され痛みが出ている物もあります。
このような場合、肩の運動をすることで脇の筋肉が緩み寝違いが改善する事があります。


よく首を寝違えるなどでお困りの方。
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

首の痛みの治療

40代女性、表参道でピアノを教えている。
先週から左首〜肩に掛けて痛み。右にふり向くと痛みが増す。
頭痛もあり薬を飲んでも痛みが無くらなら無い。

【検査】
首右回旋制限(右に向きづらい)
右肩外転制限(腕を外側から挙げづらい)
右三角筋筋力低下
右短下肢
右短上肢

【治療】
一度目の施術で症状が楽になり、次の施術の前日まで痛みが和らいでいたそうです。
五回目の施術で頭痛も無くなり薬を飲まなくても大丈夫になったとの事でした。

この方の場合、甘いものを食べるのが大好きだそうです。
甘い物を食べ過ぎていると、胃腸に負担がかかり、むくみや冷え・頭痛などを起こしやすくなると言われています。
甘い物食べ過ぎないように気を付けて頂いたところ身体の調子よくなったとそうです。


首や肩の痛み、頭痛などでお困りの方
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

左首から肩腕にかけてのひどい痛み

30代女性、二週間前より左肩の痛み。右にふり向くと痛みが増す。
歩行中も痛い。夜寝ている時も痛む。

【検査】
・右肩水平伸展制限(胸を開く動作がしづらい)
・腰右回旋制限(左にふり向きづらい)
・右短下肢
・右短上肢
・左足関節内返し
・左小円筋筋力低下

【治療】
四回目の治療後から1か月間ぐらい空けても症状が出なくなった。
その後月に一度の施術を続けいる。

この方の場合、肩のインナーマッスルに負担を受けており、五十肩に似た症状が出ていたようです。
仕事中も前屈みになってのパソコン作業が多く肩に負担がかかっていたようです。
また右足に体重を掛ける癖が有りそのことも骨盤をゆがめる原因となっていました。

仕事中の姿勢や体重のかけ方など自分の癖はなかなか気づく事が難しいですが、日常の生活を改善する事で痛みはかなり軽減されていきます。

首肩の痛みなどお困りの方。
岡田鍼灸接骨院に、ご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

寝違いの治療

今回は寝違いで首を動かすのが辛い方の治療を行いました。

30代女性
よく寝違える、ストレートネック有り。

首の前屈、後屈、左回旋で痛みがある。

2回目の骨盤と首の矯正で、首の痛みが改善したが背中に痛みを感じるようになり、背中の痛みは鎖骨ゆがみ矯正すると改善しました。

仕事の関係で前屈みになることが多いそうで、そのことが原因で鎖骨のゆがみやストレートネック悪化させているようでした。

最近はノートパソコンやスマートフォンを長時間使うことで首の筋肉が緊張してストレートネックになっている方が多いようです。首をよく寝違える、肩こりがひどい、頭痛を起こしやすいといった方、思い当たりませんか。

寝違いなど首の痛みでお困りの方。
岡田鍼灸接骨院にご予約お待ちしております。

【住所】
350-1154
埼玉県川越市上松原271

【電話番号】予約制
080-2275-2935

岡田悠佑(おかだゆうすけ)

総数9件 1

岡田鍼灸接骨院

岡田鍼灸接骨院

〒350-1151
埼玉県川越市今福1776-1

Tel:080-2275-2935

症状別施術を見る

  • お客様の声
  • 治療事例
  • 取材についてのお願い